スノーボード旅行の費用にアコム

30歳の男性です。先日、急にお金が必要になりました。その時にお世話になったのは勝者金融のアコムでした。お金に困った時には救世主のような存在です。アコムの存在を覚えておくとあとで楽です。

私には彼女がいます。その彼女から誕生日プレゼントを要求されました。スノーボードのセットでした。「山形県まで、スノーボードをしに旅行に連れてって」と言われました。頼まれてしまうと後には引けません。

お金がなかった僕は消費者金融のアコムで申し込みました。スマホ専用サイトから申し込みました。申し込みをしてから、その日のうちにお金が手に入りました。アコム即日キャッシングといわれるくらい借り入れがスムーズです。

お金を今すぐ借りる

金利も約10%と十分返しきれるくらいでした。有名な消費者金融は金利においても有利です。その日は夜遅かったですが、スマホの専用サイトなら24時間借り入れできます。お金に困っている僕には、営業時間が長いと助かります。

彼女と一緒に、山形のスキー場でスノーボードを楽しんできました。スノーボードをしっかり楽しんで、楽しい思い出ができました。彼女の急な要求答えるにはアコムは便利だと思います。私のお気に入りの消費者金融です。

専業主婦と自己破産

Â–±

私は現在30代の専業主婦です。実は5年前、度重なるキャッシングによる返済不能状態により自己破産を経験しております。司法書士事務所に相談をした私に 告げられた先生の言葉は「自己破産」。あまりの衝撃で全身から血の気が引き、その場でポロポロと涙を流したのは今でも忘れません。
さて、普通の専業主婦だった筈の私が何故自己破産という選択に至ったかと申しますと、キッカケ自体は大きな出費が続いた事による生活費の不足でした。多 分、家計を預かる主婦(夫)の方なら一度くらいは経験した事のあるピンチかもしれません。私もその時は困りましたけど、夫の給料ですぐに返済すればいいと 安易に考え生まれて始めてのキャッシング。既に持っていたクレジットカード(※A社とします)のキャッシング枠から10万円を引き出し、とりあえずは急場 を凌ぐ事が出来ました。
しかし、無知な私は手参らずなキャッシングを魅力的に感じてしまい、いつしか家計が苦しい時にはキャッシングで補填をするようになっていました。それでも まだ、借入額事態は数万円程度で10万円は超えないように気を付けていたのですが次第に依存度が増していき、気が付けば限度額いっぱいの20万円を引き出 す事も多くなってしまったのです。
当然、返済額も増えて生活費からの捻出では間に合わなくなり、焦った私はもう一枚クレジットカード(※B社とします)を作って返済へと充てるようになりました。これが自転車操業の始まりです。
それでも元金が減る事はなく、困り果てた私は愚かな事にとうとう消費者金融へと手を出しA・B社の返済へと当てました。サラ金C社の借入限度額は50万 円。言うまでも無くこれも返済不能状態となり、最終的には自己破産。総額約100万円という事で破産としては少ない方だったらしいのですが、専業主婦だっ た事が考慮されて手続き開始。免責を頂け現在は静かに暮らしております。当時を振り返るのは今でも恐ろしいほどに、私はどうかしていたのです。
もうあんな思いはしたくない。自己破産を経て言えるのはただそれだけです。皆さんも、安易な借金だけはどうかお気を付け下さい。私のように、取り返しが付かない事態にならぬよう、現在の生活を見直す事も必要かもしれません。